プロフィール

ATOS(寅さん)

Author:ATOS(寅さん)
Nゲージの制御とプラレールな人
HTMLが書きたいけどかけないのでブログで取り合えずぼちぼちと
まぁそんな感じですね

HP→プラレールと電子創作の工房
twitter→@torasan583(寅さん)
interviews→ATOS

訪問者数
もろもろ・・・
カテゴリ
最新記事
プラレールリンク
その他リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
ball.gif スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ball.gif 3Dプリンタ事始めその4
どもども

寅さんです。
日付変わっちゃったけれども、26日のブログです。

さて、じゃぁねむいですが、3Dプリンタの話ですか。
高精細な方。

1、FDM
FDMでも高い奴はいい精度で出るんですよ。
それでも限界はありますが。

2、光造形
昔からあるポピュラーな方式です。
精度もいいです。
レーザで液体のマテリアルを固めます。
最近は、プロジェクタを利用したものもあるみたいです。

3、Projet方式
3Dシステム社が開発した方式で、光硬化樹脂をインクジェットのように吹きかけながら印刷します。
案外、Z方向に段差が出来ます。

4ポリジェット方式
Stratasys社が開発した、紫外線硬化樹脂を、紫外線を当てながらインクジェットのように吹きかけ造形します。
紫外線で硬化するマテリアルを開発できればいいので、ゴム素材など、いろいろな素材があります。
また、フルカラーで印刷できる機種もあります。
完全に液体なので、結構なめらかに印刷できます。
ですが、印刷物が以外とやわらかかったりします。

とりあえず、こんなもので。
では。
スポンサーサイト

3Dプリンタでんしゃ製作 | 2014/07/27(日) 00:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。