プロフィール

ATOS(寅さん)

Author:ATOS(寅さん)
Nゲージの制御とプラレールな人
HTMLが書きたいけどかけないのでブログで取り合えずぼちぼちと
まぁそんな感じですね

HP→プラレールと電子創作の工房
twitter→@torasan583(寅さん)
interviews→ATOS

訪問者数
もろもろ・・・
カテゴリ
最新記事
プラレールリンク
その他リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
ball.gif スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ball.gif 3Dプリンタ事始めその2
どもども

今日も暑いですね。

さて、昨日は、諦めた話でしたね。
今日はその続きを記しましょう。

僕がやりたいのは、でんしゃ作りであってプラ板切ではなかったのです。
手段は何でもよくて、CNCフライスとかでもよかったのです。
フライスとは簡単に言うと、ドリルの刃を回転させて、物体を動かして刃に当てて削り出す、という方式です。

3Dプリンタを使用した経緯は、以下の通りです。
まず、ホビー向けの3Dプリンタが低価格で発売されたニュース。
これを見た時に、件のメロンを思い出しました。
メロンは石膏で、固くてもろい、という印象があったのですが、そのニュースの3Dプリンタはプラスチックを溶かして作る方式でした。
それからしばらくして、ふと、プラ板切らないででんしゃを作れるじゃないか、と。
まぁ、だれでも思いますよね。
その後すぐ、CQ出版社の「トランジスタ技術」の付録(学校でもらえた)、トラ技Jr.に、3DCADの記事が載っていたんですよ。
なので、ちょいとやってみるか、と。
CreoのDirect Modeling Expressというソフトで、今も主にそのソフトでやっています。(無料です)

Direct Modeling Express公式サイト

僕は今もそれを使っていますが、ソフトはなんでもいいと思います。
僕がやりたいのはでんしゃ作りであり3DCAD遊びじゃないので…。

すると、学校内で3Dプリンタを発見したり、新しい3Dプリンタが学校に入ったりetc…で3Dプリンタの情報が沢山入ってくる環境だったことに気付き、いろいろ調べるようになりました。

という訳で、次回は、3Dプリンタの比較、について少し述べましょう。
今日は、CADについてもう少し書きます。

3Dプリンタに一番いいCADは何か、という質問をよく見かけます。
まず、CADには2種類あって、主にアニメやゲームなどに使われるCG系のCADと、設計に用いられる機械CADがあります。
CG系CADは、人の顔とかをつくったりするのが得意だと思います。Shadeとか(あまり詳しくないので列挙できない…orz)
自然物みたいな、自由曲線が得意だと思います。
機械系CADは機械設計用なので、CG系と違って、寸法を決めて設計します。なので、工業製品とかが得意だと思います。SolidWorksとかAutoCADとかですね。
さて、簡単に特徴をあげるとすれば、上のようになります。
CG系CADは特性上仕方ないですが、気を付けないと寸法がめちゃくちゃだったりします。
最近のフィギュアは設計で3Dプリンタを使うことが多いそうです。

という特徴より、僕は、「人工物を作る」には機械CAD、「自然物を作る」にはCG系が向いてると思います。
でも、3Dプリンタに入力できる形式で出力できればCADは選びません。

僕も2,3個CADを試したりしましたが、最初に使ったものに落ち着いています。
でも、使いやすいCADを見つければ、安易に乗り換えると思います。
先に書いたDirect Modelingの他に、AutoCAD123D、というソフトが無料で最近ホビーユースでメジャになりつつあったりします。
CADによっては3D酔いしたり、かなり疲れたりしました(笑)
今は慣れたり、酔わないソフトを使ったりしてますが、これは完全に個人差でしょう。

よって、「どのCADがいいか」という質問の答えは、「好きなだけCADを試して、自分の気に入ったCADを使うのが一番ベスト」です。とりあえずは、AutoCAD123Dや、Direct Modelingを試してみるといいと思います。
CADには、チュートリアルというものがあるので(ゲームと一緒で、HowToを示してくれます)それをこなせば一通り設計が出来るようになります。機能説明なので、2時間ぐらいかかる事もありますが、忍耐強くこなしてください。
また、有料のCADを買う時は、とりあえず試用版を試すといいと思います。
試用版だけで目的を果たせちゃったりしたり、あとCADはそれなりに高かったりするので…
試用版は機能制限や日数制限などがあるので、有料版はそれがなくて楽、というのはあります。費用対効果(使いやすさ)ですね。

とはいえ僕も、基本的なうわべの機能だけを使っていて、何かしようとしたときに機能を探したら新しい機能を見つけた、というのがよくあります(笑)そうして勉強しつつ使えば、忘れないですしね。
すなわち、何かしようとする、という目的を持つ事が大事ですね。
作るためにはどうするか、という観点で機能を探すのが一番上達します。

3DプリンタもCADも道具であって、それで何を作るか、だと思います。
…iPhoneケースを作る以外にも使い道がありますよ…。

ちょっと長くなりましたが、次回、3Dプリンタの種類について少し書こうと思います。
ではでは…。
スポンサーサイト

3Dプリンタでんしゃ製作 | 2014/07/24(木) 00:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。