プロフィール

Author:ATOS(寅さん)
Nゲージの制御とプラレールな人
HTMLが書きたいけどかけないのでブログで取り合えずぼちぼちと
まぁそんな感じですね

HP→プラレールと電子創作の工房
twitter→@torasan583(寅さん)
interviews→ATOS

訪問者数
もろもろ・・・
カテゴリ
最新記事
プラレールリンク
その他リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
ball.gif スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ball.gif 新旧モノレールの分解
どもども

ドムドムってハンバーガ屋あったよね。

今日は、モノレールの分解をしました。
動きが良いことに定評のある、湘南モノレールの5000系1次車(赤ライン)プラレールセットの車両と、
古い方の、湘南モノレール5000系ブルーラインセットの車両の両方ですね。
新しい方は、新しい金型なので、動力も細部が微妙に異なっています。
(分解前の車両の写真が無い人)

はい、蓋を開けます。
・新しい方
CIMG3203.jpg

・古い方
CIMG3204.jpg

電池には、(多分)0.2Ωがついてます。
なんでやろ。
CIMG3207.jpg
新しい方は普通の配線かー。太いなー
CIMG3208.jpg
熱収縮だった。
中は…
CIMG3210.jpg
0.2Ωっぽい。

というわけで、ギアボックス。
中身は一緒ですね。
・新しい方
CIMG3212.jpg
・古い方
CIMG3213.jpg

じゃぁ、動きの違いは…
CIMG3214.jpg
左が古い方、右が新しい方です。
新しい方がゴムが太くなって、半径が大きくなっています。
あと、古い方ってゴムが劣化して、真ん中の奴とゴムが滑るんだよね。

新しい方、モータにはんだ付けされて無い為、簡単にモータが入れられるようになってます。
CIMG3217.jpg

あと、往復用のスイッチ。
とっかかりがなくなっています。
CIMG3219.jpg
(上下反転で並んでて、見にくい人)
右が新しい方、左が古い方

動力以外の引っかかり部
微妙に小さくなってます。
CIMG3221.jpg
左が古い方、右が新しい方。

ついでなので外してみた。
CIMG3223.jpg

もう一つついでに、ギア比を計算。
ギアは、モータのピニオンに8、クラウンに22でそれと一体の8、20と12が一体のもの、20と12がつながったもの、トルクリミッタ付の8と10、24を介して車輪の24です。
よってギア比は、(22/8)*(20/8)*(20/12)*(8/12)*(20/10)*(24/20)で18.33:1となります。

最近、動力の組み立てコストを減らしてて、努力を感じます。
樹脂の値段が上がってるらしいし(原油高で値上げしたけど原油値下げしても下がらないらしい。)
頑張れ~。

ではでは。
スポンサーサイト

未分類 | 2015/03/02(月) 12:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。