プロフィール

ATOS(寅さん)

Author:ATOS(寅さん)
Nゲージの制御とプラレールな人
HTMLが書きたいけどかけないのでブログで取り合えずぼちぼちと
まぁそんな感じですね

HP→プラレールと電子創作の工房
twitter→@torasan583(寅さん)
interviews→ATOS

訪問者数
もろもろ・・・
カテゴリ
最新記事
プラレールリンク
その他リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
ball.gif スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ball.gif 3Dプリンタ2015初春
どもども~

最近、忙しくて時間がなかなかない寅さんです。
久しぶりに3Dプリンタについて書こうかな、と。

さて、最近情勢も変わってきました(かね?)
2014年の9月に光造形の特許が切れました。
なので、光造形方式の3Dプリンタが続々と販売され始めています。
※光造形って?などの造形方式については、このカテゴリの過去のブログを見てください。

あと、ついに電子回路を印刷できる3Dプリンタも発表されました。
FDM方式の印刷中に、中に電子回路を埋め込めます。
待ってたぜよ。

ここ1年ちょっとですが、3Dプリンタを調べ、考え、利用してきた身としてはホビー用途として利用するには、
大体以下のような感じかなぁ、と思えるようになってきました。

一つ目、3Dプリンタの2機種持ちです。
1台は、安いFDM方式。
2台目は精度のいいもの。

大きな部品や、位置合わせや寸法チェックとして、とりあえず印刷する時にはFDM方式が必要だと思います。
印刷も早いですし、ランニングも安いです。

そして、精度が必要な時は高い機種です。
再現度の高さを必要とします。

例えば、大きいけど精度が必要な時は、なるべく切り分けて、外側の精度が必要な部分だけを高いプリンタで、
中の方はFDMで、など…。

精度のいい3Dプリンタも、40万ぐらいまで値下がりしてきましたし。
たけーな。
でも、3D出力サービスを利用するなど、方法はあります。

二つ目。
3Dプリンタは、もともと試作機です。
業界団体の方々でもやはり、試作機である、という認識が大きいです。
確かに、企業が使用する場合は、試作で使います。
量産する段階で3Dプリンタは使いません。
ですから、3Dプリンタに精度は要らない、という認識をしている事もあります。

ですが、ホビー用途だと、「出力したもの=完成品」となります。
金型を起こせるわけでもないですし、他の手段で作るわけでもない。
完成品若しくはシリコン型用の元パーツ、として使えるレベルでなければならないです。

実は、高精度な3Dプリンタが必要なのは、企業よりもホビー用途なのだ、と思います。

今後、光造形方式その他がもっと安くなってくれるでしょう。
趣味で使える価格の精度がいい3Dプリンタが出るといいなぁ。

とはいえ、やはりFDMも必要だと思います。
使い分けが必要ですね。

今年は少し、いろいろ出せるといいなぁ。
ではでは。

(P.S.個人用の射出成型機とか作ってくれないかなぁ…)
スポンサーサイト

3Dプリンタでんしゃ製作 | 2015/01/08(木) 16:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。