プロフィール

ATOS(寅さん)

Author:ATOS(寅さん)
Nゲージの制御とプラレールな人
HTMLが書きたいけどかけないのでブログで取り合えずぼちぼちと
まぁそんな感じですね

HP→プラレールと電子創作の工房
twitter→@torasan583(寅さん)
interviews→ATOS

訪問者数
もろもろ・・・
カテゴリ
最新記事
プラレールリンク
その他リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
ball.gif スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ball.gif 超大編成のUターン
さてさて、最近プラレールやってないのですが、ふと3両編成以上のUターンをどうしようかと考えまして・・・

ん?Uターンレールでいいじゃん?
Uターンレールの袋には3両編成以上は通れないと書いてあります
カーブがきついのでベクトルの問題で中に倒れこんでしまうのですね~
あーあ

ってことで考えてみる
一番最初に思いついたのは225°回ってから直線、そして最初と反対方向に45°曲がる感じですかね…
イメージとしては三角形ですかね?
CA3G0513_convert_20111215234358.jpg
ただこうすると直線が微妙な長さになってしまいますね…(俗に言う、なじませ繋ぎ)
ただし、カーブが自然です(キリッ

そして、2011→2012のカタログの表紙の一番手前の踏切
そこのループを見て思いついたのがこちら
CA3G0514_convert_20111215234534.jpg
ただのターンアウトを使った単線のループだったんですが、それを複線の幅は1/4ということを使って変形しています
ぺたぞう大先生にも確認したところこれだそうで・・・
どっちを使うはまぁスペースと気分ですかね…

ではでは…
スポンサーサイト

プラレール | 2011/12/16(金) 00:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。